近鉄特急専用車両23000系の製作、昨日のうちに、2両が完成。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、本日は1つだけのお知らせとなります。ズバリ近鉄特急専用車両23000系についてで、後の話は次回に回します。2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「名列車列伝」の「さくら」編、ブルートレイン第2編で、付属編成と基本編成が入れ替わった時代から、昭和47年の14系14型寝台特急専用客車登場までのお話しをしていく予定です。

さて、昨日のうちに、近鉄特急専用車両23000系のモ23200型と23500型がスピード製作で完成しました。
イメージ 1
イメージ 2
それがこちらですが、この後、
イメージ 3イメージ 4
この2両にも、取り掛かります。実際に、2両目は、22000系の大阪側のドアを取っ払い、埋める作業だけで済みそうです。さて、問題は…。
イメージ 5 イメージ 6
この先頭部分のク23100型とク23600型の制作でしょう。こちらはアーバンライナーのモ21100型と21600型を使用することができれば、何とかできるという考えを持っております。ただ、ライト部分は変更することは、ほぼ間違いなく苦闘が予想されるます。
イメージ 7
何せタネがこれですから…。ここからどうやって行こうか、と思案しているところです。

ということで、報告は以上となります。それでは。