名列車列伝特集 02-6「戦前、戦後と長距離の主役だったんだ。俺は! 戦後ブルトレ化02」

(N)さて、「さくら」がブルトレ化されて、少ししてからの珍騒動でしたが、実は、「うばざくら」以外にも珍要素がありました。それは何だったのかといいますと、
イメージ 1
(Kt1641F)それって、どういうことでしょう?
(N)それは本人に登場してもらわないと…。
イメージ 2
(?)あの…私のことでしょうか、私ならそのことを詳しくお話しできるかもしれません。
イメージ 1
(Kt1641F)もしかしてEF65型さん?
イメージ 2
(EF65PF)私の兄が、そのことを話してくれるので、どうぞお願いします。
(N)そうですねw。出は登場してもらいます。
イメージ 3
(EF65P)皆様こんばんわ。私はEF65型500番P式と申します。弟からの紹介で参りました。私が、お話しします。それで最初にお断りしておきますが、このヘッドマークは当時、私がつけていたマークではありませんよ。
(N)そうですよね…このマークではないのですよね。確か、外が白、中が赤色に近いピンクだったのですよね。
イメージ 3
(EF65P)大正解です。この色はEF66君が私の末の弟から、九州特急の運用を引き受ける時に、引き継いだヘッドマークのはずです。
イメージ 1
(Kt1641F)なんか印象が異なるというわけですね。
イメージ 3
(EF65P)実は、近々、EF65型を公開しているがPFが大幅にグレードアップするという話は聞いていたけど、どうだろう?
イメージ 4
(EF65PF6st)お兄さんこれですか?
イメージ 3
(EF65P)おお、これだこれ!
イメージ 2
(EF65PF)すごい! これがすごい! 僕には一つも…
(N)愚痴るのはやめましょう。ということで、このPさんから話しするのですが、実は、このPさんには面白いことがありまして…。
イメージ 3
(EF65P)取り乱しましてすいません。実は、僕の隣にいた車両にヒントがあります。実はパンタグラフを搭載していたことです。
イメージ 5
(Kt1641F)は?
(N)そうです。客車がパンタグラフを搭載するという例は、国鉄時代ではこの例が最初で、最後。
イメージ 1
(Kt1641F)その話、誰かから聞いたような…。まさか、12200系先輩からかなぁ。
イメージ 3
(EF65P)どうして?
イメージ 1
(Kt1641F)実は、昭和40年代に、京都線で勤務していた18200系先輩から聞いた話では、パンタグラフを搭載していないのに、屋根の形がおかしな車両がいて、どうしたのと聞いたそうです。ナレーターさんにお聞きしたいのですが、18200系先輩って、当時は京都線勤務だからお会いしていた可能性はあると思いますが…、どうでしょう。
(N)おそらく、その通りだと思います。昭和43年ごろに、パンタグラフを撤去したのですが、確か昭和50年になって、24系25型特急車両の仲間入りをしたという話です。
イメージ 6
(カニ25【元カニ22】型)それって僕ですね。ナレーターさん初めまして、私はカニ22型改め、カニ25型と申します。
イメージ 7
(カニ21型)お久しぶりですね。それにしても色が濃くなりましたね…。
イメージ 6
(カニ25【元カニ22】型)それはそうと、急ぎ話をしないといけませんし。
イメージ 1
(Kt1641F)その前に、時間が迫ってますよナレーターさん…(-_-;)。
(N)それでは、次回「ブルトレ化3」に行きましょう。
(一同)そうしましょう!