近鉄特急専用車両30000系ビスタカーEX、B更新を計画中。その前に。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、近鉄特急専用車両30000系ビスタカーEXのB更新車両と、名鉄架空車両新7000系などの情報を中心にお伝えします。続いて2本目は「雑記」の予定です。

さて、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からです。
イメージ 1
こちらって、もう完成したはずでは、と思われた方もいるかもしれませんが、実は、完成ではなく、現在の姿を再現しようという意見も根強く、B更新として製作する形で調整していくことになりました。そこで問題となってくるのが、この席、つまり、
キャビン型のグループシートという形です。実際にいうと、難工事となる可能性委があります。
イメージ 2
(なおメイキングのために、わざと切り込みを入れました)
実際に、工事を開始して出てくる難点といえるのが、テーブルを設置する工事が果たしてできるのか、それに、階段の設置条件自体の変更も視野に、製作することになりそうです。
一応ですが、どうなるのかは未知数です。

続いては、名鉄架空車両新7000系の方ですが、
イメージ 3
こちらは幕システムの変更作業(テスト)が、進んできているもののなかなか進んでいないのが実情です。その他にも、幕自体も大幅に変更され、名鉄線でイレギュラーとなる「玉ノ井駅先発(尾西北線始発駅)一宮経由{一宮駅から準急}の鳴海駅行」というのが設定されることになって、こちらも慌てて、幕の改良に着手する等、大わらわの状態です。

ほかにもまだ難題を抱えているといった状況ですが、報告が書けなくなっているような状況となっております。

ということで、ひとまず報告は以上となります。それでは。