これから…。

本日の話題の2本目は、「雑記」からです。

実は、その話の前に、この先のことをお話ししておきます。

最近、近鉄系統のRailSimPIの割合が高くなってきており、そろそろ海外組からたまっていたものを吐き出さして下さい、という声が徐々に聞こえてきそうです。
イメージ 1
名鉄ですが、とんでもないことになってきました。なんと、さらにスイッチが増えるという報告を受けたのです。

理由は次の2点です。

1点目は、各種別ごとに割り振る行先表示の数が増えてきたという点です。
これは、この新7000系の大きな特徴なのですが、全路線に対応させる措置の一つですが、多いことが要因の一つに挙げられます。
2点目は、種別だけでなく、行先表示そのもののパターンが多様化したこと。
これは、臨時列車の系統や、区間準急等、今まであり得なかった形の系統が出てきた点です。

まだまだ、習熟度が足らないという証拠かもしれません。

ということで、本日はここまでです。それでは。