近鉄特急専用車両30000系ビスタカーEX

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から近鉄特急専用車両30000系ビスタカーEXの制作も佳境に入ってきまして、その後の予定も含めたお話しを。2本目は「雑記」からの予定で、お送りします。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、始めに、近鉄特急専用車両30000系ビスタカーEXについてです。
イメージ 1
昨日の記事で、レイアウトの構図を示したところ、Facebookを通してみておられたお方から、窓枠の大きさと窓の大きさに少しずれがあり、手直しをした方がよいとの指摘がありました。
理由は、下の画像でわかるのですが↓。
イメージ 2
窓の大きさが改造された関係から異なっていたためです。
イメージ 3
そのために、MQOファイルを修正し、このような形になっています。

実は、それに関して気になっているのが、
イメージ 4
このファイルです。これに手を付けるか、それとも、
イメージ 5
こちらの更新作業を早めるべきなのか、それにて迷うところです。

また、RENFE252型電気機関車の作成も急がねばならなくなってきましたし、近鉄特急専用車両シリーズも残すところ3種類の制作と、1種類の改良が待つ程度、年末には全て完成するという可能性はありますが、22600系は22000系から流用することになりますね。

ということで、報告は以上となります。それでは。それにしも、台風が気になりますよね。