近鉄特急専用車両21020系、中間車両製作

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。昨日は、緊急増備で3本となりましたが、本日は2本に戻ります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は、近鉄特急専用車両21020系「アーバンライナーネクスト」の製作、2項目目は、久しぶりですが海外組からのお話しで、レンフェ252型についてお話しします。2本目は「雑記」からの予定ですが、前倒しで「歴史もの」となるかもしれません。変更となる場合はお知らせいたします。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からです。まず、
イメージ 1
近鉄特急専用車両21020系の制作についてですが、先頭車両は、21000系などと同様に、あとから制作していき、中間車両を優先的に製作しているところです。
イメージ 2
こちらが、モ21220型、反転するとモ21520型になるようにしております。この後は、
イメージ 3
こちらです。これはトイレタンクなどを付けていないのですが、モ21320型です。ちなみに、
イメージ 4
これが取り付け後の姿です。あとは、サ21420型の制作が待っているところです。
床下部分は、ク16500型の床下から流用する予定です。
ということで、近鉄特急専用車両製作現場からの報告は以上で、続いては海外組からの情報です。
イメージ 5
国内組の応援要請で、幕の張替えなどを行っていたためか、なかなか進まなかったレンフェ252型ですが、今夜から製作を再開することになりました。頑張ってやっていくと意気込んでいるのですが、8月完成予定となる公算が強まってきました。

長めにやっていこうと、現場は述べているものの、近鉄、国内系統の受注に関して話で海外関係が隅に追いやられたことは事実ですので、ここで製作打ち切りとなることも覚悟しなければならない状況になりつつあります。
欧州の景気動向も見つつ、思案しているところです。ということで、全ての報告は以上となります。それでは。