近鉄特急専用車両21020系と近鉄特急専用車両のパンタグラフ位置修正

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目ではなく、3項目あります。1項目目は近鉄特急専用車両21020系「アーバンライナーネクスト」の製作、2項目目は、近鉄特急専用車両のパンタグラフの位置修正に関してのお話し、3項目目は、久しぶりに海外組からレンフェ252型電気機関車に関してのお話しです。
2本目は「雑記」からの予定ですが、今回は、ギリシャ問題に関してではなく、日本国内を騒がせている「新国立競技場総工費」問題を取り上げます。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、近鉄特急専用車両21020系ですが、喫煙室とかどうなっているのか、気になりますよね。
イメージ 1
こんな感じで落ち着きました。しかし、側面を見てみたいのですが、窓が共通していることが分かってきたとはいうものの、果たして喫煙ルームがどちらを向いているのか、はっきりしたことが分からない。
イメージ 2
イメージ 3
この2つの画面を見てもわかるのですが、窓の形は同じなので表現が難しいということになりそうです。この側面デザインを完成させたら、最難関の先頭車両に入っていきます。
イメージ 4 イメージ 5 
この2両ですね。この工事に取り掛かる予定です。長くなりそうですね…。

続いての項目は近鉄特急専用車両のパンタグラフの位置修正の関してです。昨夜から作業を始めて、現在調整に成功したのは合計8種類に上ります。ビスタカーEXも含まれております。また、ドアの修正も行った部分もあります。
現在アップロードしている段階ですので、アップロードが終了するまでには時間がかかるため、午後には最新版を提供できる予定です。

3項目目は、レンフェ252型のほうですが、実は何も進んでいない状況です。
これから、どういう事態が起きるか不安があります。「何とかなるだろう」という予測を立てている人も多いようですが、どうもそういかないようですね。ということで、報告は以上となります。それでは。