近鉄特急専用車両21020系の先頭車両完成したけど、まるで坊主?

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は近鉄特急専用車両21020系の先頭車両の大阪難波駅側がテスト品が完成したという報告と、2項目目は、レンフェ252型電気機関車の制作開始についてです。2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「名列車列伝特集」の「さくら」復活編をお届けします。実は、「02」のラストですが…この列車も、あの震災の影響を受けたという話をお聞かせします。

それでは、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からです。近鉄特急専用車両21020系のク21120型を完成させたので、後は座席を変更するだけで21620型になると踏んでいたのですが…。
イメージ 1
これが、完成時にこうなってしまいました。
イメージ 2
まるでお坊さんのような顔になりましたね(笑)。
側面は、喫煙室の窓が開くのかどうなのか、ちょっと不安な部分もあります。確か…、
イメージ 3 イメージ 4
これから見ていくと、少し異なる部分もあります。そのために、まだまだ改良を続ける予定です。

続いては、レンフェ252型電気機関車です。
イメージ 5
ここまでできております。あとは、ここからどのようにして台車などを取り付けるのかという工事をしていくのかです。

ということで、報告は以上となります。それでは。