近鉄特急専用車両26000系本体は完成、後は、テキストの関係を何とかします。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は近鉄特急専用車両26000系のお話しと、次に向けてのお知らせ。2項目目は、新型スクリュー式連結器のテストに関してのお知らせです。2本目は、「雑記」を予定しております。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、一気出しで申し訳ございませんが、近鉄特急専用車両26000系についてです。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
車体の基本的な形は出来上がりました。あとは車輪の交換、幕の調整などの作業が待っております。これは短時間で出来上がるので、安心ですが、少し心配なのが、
イメージ 5
現在使用している塗装の方で、こちらの作業が、少し心配なところです。そのため、本日調査と就職活動などを兼ねて、大和八木駅と橿原神宮前駅を訪ねてみようと考えているところです。

続いては、
イメージ 6
この連結器の取り付けと取扱いについてのお話しです。
実際に、いろいろとテストするのはこれからというところだという話だそうです。

ということで、報告は以上となります。それでは。それと、本日は大和八木駅と、橿原神宮前駅に行ってきます。それでは。