近鉄特急専用車両23000系の改良工事は先頭車両に。

皆様おはようございます。台風が近づいてきているので、かなり蒸し暑くなっておりますね。皆様も夏バテに気をつけてくださいね。さて、本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は近鉄特急専用車両23000系伊勢志摩ライナーの改良工事についての情報を、2項目目は連結器関連について、2本目は、「雑記」を予定しているところですが、本日の雑記は、とんでもない爆発事故となった天津市爆発事故の疑問点を取り上げてみようと思います。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からです。1項目目は近鉄特急専用車両23000系の改良工事のお話しですが。
イメージ 1
先頭車両の改良工事を始める予定となりました。といいましても、
イメージ 2
このように、側面の色配置は、少し異なりますが、これを参考に、製作していく予定です。

続いては、連結器関連ですが、テストした結果、連結器の動作自体に問題があることが分かってきました。実は、角度の問題です。これが、110度に傾けていたことを考えれば、角度を調整するのが必要になると、技術者の一人が述べておりました。

これを修正して製作する予定です。ということで、報告は以上となります。それでは。