近鉄特急専用車両23000系リニューアル改造編成完成

皆様おはようございます。それにしても台風が日本に上陸するという予報が、各地で出ていて、いやになりますね。ということで、本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は近鉄特急専用車両23000系伊勢志摩ライナーのリニューアル改造編成について、2項目目は、連結器関連についてお伝えします。2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「名列車列伝特集」の「かもめ」編の続きです。お楽しみに。

それでは、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、1項目目は近鉄特急専用車両23000系リニューアル改造編成についてです。
イメージ 1
色変え等に成功したのですが、先頭車両に使われるロゴを張ることができないという情報が入り、結果的にはロゴを省略して対応しております。
イメージ 2
なんと、N1が奇数編成、N2が偶数編成になるので、それも再現しました。
イメージ 3
これと、
イメージ 4
こちらを、再現できたことになります。ただ、イメージと少し違う形になった先頭車については、しっかりとした情報収集及び、いかにしてイメージの形に近づけるのかという部分が、
イメージ 5
今後の課題になりそうです(-_-;)。
ということで、本日の午後にアップロードする予定です。楽しみにお待ちください。

続いては、
イメージ 6
連結器関連ですが、こちらは、角度調整など様々な問題が出てきており、テスト等を繰り返して修正することになりそうです。

ということで、報告は以上となります。それでは。