近鉄特急専用車両50000系と連結器関連関連は、少し手間が…。

皆様おはようございます。台風接近で沖縄地方、小笠原諸島は大荒れとのニュースを聞きます。大きな被害が出ない子をと祈りつつ、本日の話題と参りましょう。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は近鉄特急専用車両、ついに50000系製作に関しての検討委員会の立ち上げと、2項目目は連結器関連の報告です。2本目は、「雑記」から「名列車列伝特集」特別篇を掲載予定としております。

それでは、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、1項目目に入る前に、訂正に関してのお知らせです。9か月前に公開しました近鉄1970年代車両についてですが、モ8800型(奇数番号)のドア開閉部分に不具合があることが分かり、修正して再度アップしました。以前のバージョンをお持ちのお客様は、バージョンアップいたしましたアップロード修正PIを再度ダウンロードしていただきますようよろしくお願いします。

ということで、気を取り直して、1項目目は近鉄特急専用車両50000系についてです。
イメージ 1
現在、資料収集及び、加工といった会議を行っているところです。「しまかぜ」については、SATO工業様がRailsimPIですでに製作されておりますが、MMDでもGB01-A車両株式会社様が製作されております。
そのために、会議では、独自に製作していくことになりそうです。一般型の中間車両は、
イメージ 2
21020系から、ダブルデッカーは独自に製作することでまとまっており、先頭車両も独自に製作します。

続いて2項目目は連結器関連ですが、こちらは、えらいことになっております。
イメージ 3
以前よりはましなのですが、クランクがかからないという悲劇に見舞われております。これは、どうしようもないのですかね(-_-;)。

ここは、いろいろと変更する点を洗い出す予定です。ということで、報告は以上となります。それでは。