近鉄特急専用車両50000系のモ50301型についての報告。

皆様おはようございます。本日も暑くなりそうな所や、涼しさを感じるところなど、様々ですが、本日の話題をお届けします。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、2項目お伝えします。1項目目は近鉄特急専用車両50000系のお話し、2項目目は連結器関連ではなく、車両計画についての情報です。
2本目は、昨夜と同じく「雑記」からですが、今回は「デマ」についてお話しします。

では、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、1項目目は近鉄特急専用車両50000系についてです。
イメージ 1
昨夜夜遅くまでモ50300型の作業を行っておりました。ちなみに、内装はこんな感じです。
イメージ 2
座席は固定方式ですが、狭い空間ですのでこれをどうやって広げていくのか、ということを考えているところです。

続いては、こちら。
イメージ 3
名鉄架空形式の番号などのコンセプトを、昨夜発表したのですが、車両番号をここで公開することになりました。左が名鉄岐阜駅側、右が名鉄豊橋駅側になります。

←岐阜 豊橋→
Mc8500-T8400-M8300-T8200-T8100-Mc8000

となります。一方、
イメージ 4
近鉄特急専用車両にも該当するこの形式ですが、形式番号が18600系にするということでまとまってきました。
ちなみに現在ですが、18600系の形態を変更し、オールモーター車両に変更することも検討している段階です。ということは、南海電鉄31000系、近鉄22000系に匹敵する車両になるのでは、という意見もあったのですが、想定としてはそうなる可能性が大きくなってきました。

ということで、報告は以上となります。一つ、忘れておりましたが、本日と明日は、就職活動の面接のため、工場はお休みとさせていただきます。ご了承ください。

それでは。