近鉄特急専用車両50000系サ50400型の製作は難航。

皆様おはようございます。残暑が厳しいとは対照的に、9月を挟んで、涼しい日が続きそうな月末ですね。ということで、早速ですが本日の話題に入りましょう。2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目あります。1項目目は近鉄特急専用車両50000系のサ50400型の製作状況、2項目目は連結器関連に関してです。
2本目は、「雑記」からの記事を予定しております。

さて、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からです。1項目目は近鉄特急専用車両50000系の製作についてお伝えします。
イメージ 1
サ50400型ですが、大苦戦という状況に置かれております。なぜかと申しますと、側面デザインの構造が複雑化していることもあり、少しずつ進めるということになったというのが本当のところです。おそらく、1か月かけて作ることになりそうです。

2項目目は連結器関連ですが、こちらも近鉄特急専用車両50000系政策の影響があるため、なかなか前に進みません。
イメージ 2
どうなるのでしょうか…(^^;。ということで、心配している暇はありませんので、作業を継続していく予定です。ということで、報告は以上となりま…、まだまだありますよ、追加で1項目ですがあげておきます。

名鉄架空形式の新8000系ですが、前面デザインについての協議が行われました。そこで、前回使用していた。
イメージ 3
新7000系の顔をどのように変更するのか、という点については、幌を出して接続できる体制を整えることができるように、変更するのが望ましいという結論を得ることになりそうです。

ということで、報告は以上となります。それでは。