近鉄特急専用車両兼用団体専用車両20000系「楽」の製作状況

皆様おはようございます。といいますか、今後、最低気温と最高気温の差が大きくなる季節です体調管理にお気をつけてくださいね。ということで、本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は近鉄特急専用車両兼用団体専用車両の20000系に関しての続報。2項目目は、タルゴの連結器関連の情報です。
2本目は、「鉄タビ」から「大回りして大覚寺へ」の第10回です。

では、さっそく始めましょう。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、1項目目は近鉄特急専用車両兼用団体専用車両の20000系「楽」からです。
イメージ 1
実は内装工事に取り掛かっていて、後は、ドア付近に設置されている座席の土台作り、そして室内座席の取り付け等々、やることが多くなってきました。さらに運転台の設置工事も必要になってきております。まだまだ時間がかかりますが、「Railsimの日」に間に合うように製作する予定です。

続いては、連結器関連ですが、何とか調整を試みているところです。こちらは、昨日の夜に予定していたのですが、アメリカからの時刻表作成の催促があったことから、
本日に順延することになってしまいました。まだまだ製作段階です。

ということで、報告は以上となります。それでは。