連結器問題は解決へ、近鉄特急専用車両兼用団体専用車両20000系は先頭車両の大枠が完成、次は

皆様おはようございます。また一層、秋が深くなってきましたね。それより、就職活動が厳しい中で、親からは発破をかけられて、肩身がすくむこの頃を過ごしています。このままでは、沈むのでさっさと、本日の話題へと参りましょう。
本日も2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は近鉄特急専用車両兼用団体専用車両20000系「楽」のお話しですが、先ほど、先頭車両の色分けが終了したという報告を受け、続いては中間車両の製作に入るという情報を持ってまいりました。2項目目は、実はこちらが本日のメインとなるのですが、連結器関連と台湾関連を中心にお話しします。
2本目は、「雑記」からの記事を予定しております。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からです。では、始めましょう。
イメージ 1
まず報告するのは、こちら、近鉄特急専用車両兼用団体専用車両20000系です。なんと、補助用ヘッドライトを新たに追加したのですが、確か、テールライト化するには、少し、異なる解釈がいるなと感じながらも車体の大まかな要素は完成に至りました。次は、中間車両の製作に移ることになります。このままいけば、「近鉄鉄道祭り」には間に合いそうです。

続いては、連結器関連についてですが、こちらは、何とか解決に至りました。
実は、昨夜から作業を始めており、今しがた解決したという報告を受けました。現在最終テストを行って、アップロードする予定です。
ちなみに、最新画像はこちらです。
イメージ 2
ということで、本日公開予定です。
ほかに、台湾関連についてですが、まだ返事が来ておりませんので、しばらく待ってみることにします。ということで、報告は以上となります。それでは。