近鉄特急専用車両兼用団体専用車両20000系「楽」中間車両の製作はどうなっている?

皆様おはようございます。台風が先島諸島を直撃して、最大風速81メーターを観測したという報道がありましたが、被害がないことを、祈るところです。ということで、本日の話題は2本あります。
最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は近鉄特急専用車両兼用団体専用車両20000系「楽」について、2項目目は、アメリカ合衆国で使用する寝台車両など、海外の車両についてです。
2本目は、「雑記」からを予定しております。

では、始めましょう。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からです。
早速中間車両の製作を始めたのですが…、
イメージ 1
今回は、以前使用していた車両の一部を複製して、そこに、新しい素材を足すという方法を試みることにしました。理由は、この工法で行くと、1から製作する手間が省けるということだそうです。どうなるのかは、やってみないとわからないのですが、このまま作っていくということになりそうです。

続いては、アメリカ合衆国で使用する寝台車両を含めた海外車両についてです。
こちらは、システムの関係で、個室ドアの開閉を行うことができるように調整しております。
イメージ 2
見た通り、正真正銘の「ブルートレイン(<やかましい!:by20系)」の感じです。
一方で、台湾系統に関しては車両の製作の許可待ちの状態です。ということで、報告は以上となります。それでは。