ブルーの客車がどこまで通用する?

本日の話題の2本目は、「雑記」からですが、「∟車両部(新近畿車両)」と同じ内容でお伝えいたします。

実は、郵便荷物車の計画と、電源車両を製作するのはどうかというお話しがありまして、それで製作して、
イメージ 1
イメージ 2
この2両です。実は電源機能と持たせる計画も進行中です。もしかしたらこれから改造に取り掛かるかもしれません。

ただ、現在、名称を詰めているのですが、「ブルー・ビューライナー1」という名称はどうかといった意見が出てきております。また、ほかの名称も、現在検討しているところです。
ほかの車両を作ってから検討したらどうか、という意見もありますが、「ビューライナー」の名前は名乗ってみてもいいのではという、意見が大勢を占めております。
そして、もう一つですが、アメリカ合衆国で使用する車両の一つとして、
イメージ 3
この車両の、アメリカ合衆国使用に変更することを考えております。使用区間は、アメリカ合衆国北東回廊を中心とした路線に投入する予定です。
イメージ 4
また、この車両も正式アップがなされれば、投入します。アメリカ合衆国の最高クラスの特急「東海岸」という名前の「East_Coast(アセラエクスプレスから改名という設定)」に使用する列車で使用してみてはどうかという話だそうです。

ということで、本日はここまでです。それでは。