急遽変更…次週に持ち越しですm(_ _)m

(N)さて、本日の話題の2本目ですが、実は、取材時間が無くなってしまいました。申し訳ありません。そこで、別の話題でお付き合いください。
イメージ 1
(Kt1641F)なんだかんだで、申し訳ありませんm(_ _)m。ということで、始めましょう。
(N)実は、Railsimで、アメリカ合衆国で使用する車両を製作するということになりまして…。
イメージ 1
(Kt1641F)確か、アセラエクスプレスの車両を、あるお方が製作されていると、伺ったのですが…。確か私のPI化の時にもお世話になった六花様ですか?
(N)その通りですね。ただ、60キロヘルツの交流であるため、車両を対応を現地環境に対応させることは可能だと考えることができますよ。
イメージ 1
(Kt1641F)それより、客車類は少ないという話ですが…。
(N)特に寝台車両は少ないですね。2階建てが主なものですが架線に触れるので危険が増すのだとか…。
イメージ 1
(Kt1641F)どのくらいです?
(N)4m以上ですね。
イメージ 1
(Kt1641F)カシオペア号に使用されているE26系でぎりぎり4mですものね。
(N)そうです。高すぎるので低く抑えました。それが↓
イメージ 2
これです。
イメージ 1
(Kt1641F)似て、非なるものですね。
(N)そうです。そういうことで、本日はここまでとします。ありがとうございました。
イメージ 1
(Kt1641F)次回をお楽しみにしていてください。すいませんでした。