近鉄車両に関しての計画と、アメリカ合衆国で使用する車両などに付いて。

皆様おはようございます。本日も冷え込んでいますね。私も風邪を引きかけそうな、そんなこの頃です。さて、本日は寝不足ですという方も多かったのではないでしょうか、そういう中で、本日の話題へと参りましょう。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は近鉄専用車両で借り物から大幅グレードアップ中の9020系他21シリーズについて、2項目目は、「雑記」からです。

では、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、
イメージ 1
実は、近鉄車両9020系の製作をしているところですが、心配なことがあります。それは、
イメージ 2
借り物であることから私が製作している規格に合っていないという問題が起こっております。特に幅が狭いことを考えると、どうしても規格に対応させる方法を模索しているところです。
これから、9020系を完成させた後は、6両編成を組成している2種類、つまり、9820系、5820系を製作することになります。実は、そのうち9020系には、4種類製作することがほぼ固まっており、A編成及びB編成と奈良線使用と大阪先使用に分ける予定です。また、5820系に関しても2種類製作する予定で、大阪線に使用する車両も製作します。このプロジェクトが完了するには、長くて1か月を要す可能性がありますが、以前使用していた1220系系列のシステムを再利用するので早まる可能性もあります。

2項目目は、海外関連ですが、台湾系統に関しては気長に待っておこうという状況です。アメリカ合衆国で使用する車両では、9020系の製作で昨夜は丸つぶれ状態となりましたが、今後は、食堂車の製作に入っていく予定です。
イメージ 3
後は、この子ですね。この子をどうしていくかですね。ということで、報告は以上となります。それでは。