近鉄専用車両9020系、今度はク9120型を製作(調整)中。

皆様おはようございます。寒さが身に染みるという季節になっていますね。ということで、本日の話題へと参りましょう。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は近鉄専用車両9020系の調整作業について、2項目目は、海外関連についてです。
2本目は「鉄タビ」が終了したのに合わせて「雑記」の「名列車列伝特集」の「特別篇」をお送りいたします。

では始めましょう。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、1項目目は近鉄車両9020系です。
イメージ 1
昨日の工事の結果で、9020系のモ9020型の調整が完了し、続いては、ク9120型の調整と工事を行っているところです。
それが、早くも成功しました。
イメージ 2
それがこちらです。9820系は、ク9320型がこの形で制作できるので、これを量産して何とかします。さて、点灯システムももちろんのことながら、完備しております。今の状態は、「普通(各停)」系統です。
イメージ 3
こちらが「準急(区間準急)」系統。
イメージ 4
こちらは「急行(通勤急行)」系統。
イメージ 5
こちらは、「快速急行(団体貸切、回送列車を含む)」です。これをもとに、9820系を製作していきます。

続いては、2項目目は、海外関連ですが、ついに、台湾系統にGOサインが出ました。すごいことになってきております。続いての計画はDR2900系です。こちらは1から製作していくことになります。
これから頑張らないといけません。「Railsimの日」に間に合わせるとしても、どうなるか不明な点がありますが、頑張って製作していきます。ということで、報告は以上となります。それでは。