近鉄専用車両9020系と9820系の製作状況(運転台に関して)

皆様おはようございます。ここのところ、寒さが増しておりますが、体調管理に皆様は気をつけてくださいね。では、本日の話題へと参りましょう。毎度ながら2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、2項目お伝えします。1項目目は近鉄専用車両9020系と9820系の先頭車両について、2項目目は、台湾鉄路管理局DR2900型の製作に向けての会議についてです。
2本目は、「雑記」の予定としておりますが、変更となる可能性もあります。

ということで、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からです。
イメージ 1
実は、9020系などの車体に関して、何とか完成したというお話しをしたのですが、運転台取り付け工事がまだであることが明らかになり、現在取り付け工事を開始したところです。
イメージ 2
外見は変わりませんが、内装の充実化を図っている段階です。ということで、続いては、台湾鉄路管理局DR2900型のお話しへ参ります。

イメージ 3
続いては、DR2900型ですが、今掲示している画像は、DR2800型のほうです。実は、今回は、また、1から作り直すということを計算に入れています。実は、これに合わせてDR2800型の運転台設置改良工事も行う予定です。

さらに、お知らせがありますが、
イメージ 4
スペインのタルゴ3世本体のほうの機関車で、レンフェ252型電気機関車を含めたセットですが、テストしたうえで公開するということを検討し始めました。

今回は、日本版とバイリンガル版に分けず、説明文を一体化させることも検討中です。しかし、「テストをしないのに何をやっていたのだ」と叱責を受けるかもしれませんが、ご了承ください。

ということで、報告は以上となります。それでは。