近鉄専用車両5820系の製作状況と、そのほかのことついて。

皆様おはようございます。本日の話題に入る前に、実は昨日ですが、地元駅の近くで、イベントがあったのですが、なんと特急が走るという話が出てきたのです。なんと特急料金をとるという話もあるそうですね。まあ、実際に、通勤特急として考えられます。ということで、本日の話題へと参りましょう。毎度ながら2本あります。
最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は近鉄専用車両5820系と、2項目目は、アメリカ合衆国で使用する車両の製作についてです。
2本目は「雑記」からです。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、
イメージ 1
実はここまで作り上げています。これで、奈良線系統と大阪線系統に分かれているのですが、それも再現していくことになる予定です。
続いては、
イメージ 2
こちらですが、アメリカ合衆国で使用する車両の製作ですが、こちらは食堂車と展望車の製作を考えているのですが、食堂車は2階建てに、展望車両は半分2階建てにする考え方をしている社員が多くなってきております。そのため、技術陣もその方向で動く予定です。

台湾鉄路管理局DR2900型はゆっくり時間をかけて製作する予定ですので、11月以降に落成する予定です。ということで、報告は以上となります。それでは。