台湾鉄路管理局DR2900系製作中。

皆様おはようございます。秋真っ盛りという中ですが、風邪をひいている人が多いですね。皆様気を付けてくださいね。さて、本日の話題へと参りましょう。毎度のことながら2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は近鉄特急専用車両10100系の製作について、2項目目は、台湾鉄路管理局DR2900型についてお話します。
2本目は「鉄タビ(臨時便)」から「名列車列伝特集」の「あさかぜ」編第3回、早くも人気が出てきた「あさかぜ」ですが、そのサービスに関して問題が明らかになってきました。そして、伝説のあの車両が誕生するのですが…。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、1項目目は近鉄特急専用車両10100系についてのお話です。
イメージ 1
ビスタカー2世の開発についてですが、さっそくファイルを手元に置き…といいたいところですが、現在開発には難しさが見え隠れてしているところです。
2軸型の連接車両は、タルゴ3世の応用で、何とかできるといえるのですが、台車について調べていないということが判明しており、これを作成するのに時間がかかりそうです。

続いては、台湾鉄路管理局DR2900型ですが、こちらは先頭車両の製作が順調に来ております。
イメージ 2
こんな感じで、あとはDR2800型のシステムに合わせるために位置を調整し、テールライトを設置する工事を開始する予定です。ちなみに、現在の状況ですが、
イメージ 3
こうなっております。ということで、報告は以上となります。

それでは。