くまモン応援歌が世界から…。

本日の話題の2本目は、「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」から、「くまモン」のイラスト関係のお話をお届けします。

実は、
クリックすると新しいウィンドウで開きます
(再びカルラボさんより画像をお借りしました。ありがとうございますm(_ _)m)
以前ご紹介させていただきましたが、今回は、その続編ということになります。日本テレビ系(NNN)の記事から取り上げてみます。

今月5日、タイのバンコクでは、「くまモン」グッズが販売しておりました。実は、タイは親日家として知られている国家ですし、熊がいないタイにとっては、熊のキャラクターである「くまモン」について、以前から高い人気がありました。
クリックすると新しいウィンドウで開きます
(西日本新聞4月21日付けの記事より、それより隣は…?)
しかし、今回2度襲った地震により、その価値が、上がってきたということです。Twitterに、応援メッセージのツイートなどが先月19日付で10万件寄せられており、
クリックすると新しいウィンドウで開きます
(同じ西日本新聞)
また、タイでも、グッズ売り場の横には熊本地震の募金箱も設置されていたそうです。今回のイラストを描いていくのですが、そのイラストブックの売り上げを、「義援金」として、寄付するということのようです。
(同じ西日本新聞)

さて、「続:義援金の窓口って…どこに行けば…(-_-;)。」でも紹介した中国は、多くのイラストが送られておりました。1枚目の画像もその一つです。

クリックすると新しいウィンドウで開きます
(トーイチャンネットからお借りしました。ありがとうございますm(_ _)m。)
さらに、一番有名にしたのは、このイラストです。

実は、北京の雑誌社が、発信しているものです。実際に言うと、今回の地震の関係で、日本国内にいる四川省出身者のお方も、今回の地震で主人の実家の熊本を応援したいと考えて、募金活動を行っていると話してくださいました。

(同じ西日本新聞)

最後に、「くまモン」本人も、ついに活動を再開したそうです。
クリックすると新しいウィンドウで開きます
(毎日新聞より)

がまだす熊本!!!

「くまモン」を通して、世界に広がる支援、善意の輪。これからも、この輪が続くといいですよね。

ということで、次回は、今回の地震で、熊本のシンボルが、どうなっていくのか…について、お話します。それでは。