近鉄2200系車体制作は、旧型のボディが何とか…。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目は、近鉄2200系の車両についてのお話、2項目目は、台湾鉄路管理局DR3100型の情報をお届けします。
2本目は、「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」から、「過去の悲しみの声を聴け」の「後編」です。水質汚染のプロフェッショナルといわれる学者のお方からの話などを交えて、お話していきます。

さて、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からです。近鉄2200系については、ボディ関連のXファイル化が進行中ですが、
イメージ 1
イメージ 2
モ2200型の一部にトイレ設置車両がいるため、その車両の製作を開始することから、その車両の製作を検討しているところです。
ちなみに、対象となる車番は(2207、2215,2221、2225はその装備がされていたそうです【画像は吉川文夫さん提供のもので、Wikipediaより借りてまいりました】)、今後調査が必要になるのですが、「片目タイプ」と「両目タイプ」という形で分ける予定です。

そして、台湾鉄路管理局DR3100型についてですが、相変わらず許可が下りていない状況です。ということで、報告は以上となります。それでは。