近鉄旧型車両の製作状況(2200系製作、トイレ取り付け工事をしたのだが…。)

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、2項目お伝えします。1項目は、近鉄2200系の工事についてお話します。2項目目は、台湾鉄路管理局DR3100型の情報をお伝えします。
2本目は、「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」から、2度被災した女子大生のお話をしていきます。

さて、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からで第1項目の近鉄2200系ですが、改めて調べ直したところ、
イメージ 1イメージ 2
(Wikipediaより、3扉化されたサ3000型)
サ3000型は窓の増設が行われていること、そしてトイレタンク搭載を行った事実が判明し、改良を施しているという状況です。そして、
イメージ 3
モ2200型のトイレ装備車両は、ある方法を使用して、簡単に組み立てることに成功し、あとは、ク3100型も
イメージ 4イメージ 5こちらは、トイレが装備されていなかったということが判明し、再度、デザインを検討することになりました。

続いては、台湾鉄路管理局DR3100型ですが、まだ何も音沙汰がないということから、別の車両の製作を検討してはどうかという意見が出てきております。車両はタルゴ7世客車ですが、こちらも難工事が予想されているのだそうで、検討している段階です。ということで、報告は以上となります。それでは。