近鉄旧型車両の製作状況(2200系製作はモニ2300型へ)

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からで、2項目お伝えします。1項目は、近鉄2200系について、2項目は台湾鉄路管理局DR3100型をお伝えします。2本目は、「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」から、私道の崩落による自己負担の問題を取り上げます。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からです。

さて、近鉄2200系の製作は、以前使用していたシステムを使用たことによりだいぶはかどりました。合計4枚の画像があるのですが、その車両たちを紹介していきます。
イメージ 1
1.モ2200型ノーマル版
イメージ 2
2.モ2200型(トイレ設置)
イメージ 3
3.サ3000型
イメージ 4
4.ク3100型

となっております。しかし、荷物車両して登場したモニ2300型は、まだ開発しておりません。

2扉であるものの、荷物扉が新たに加わるため、その部分の加工をしていくことになるのは明らかな部分は多いといえます。
イメージ 5
ベースはもちろん、このモ2200型からですので座席を一部抜き取り、改造するだけとなります。そこで行う工法は、
イメージ 6
「しまかぜ」製作時に使用した寸法ベースを使用し、それに合わせて実際の車両の寸法を調整するやり方を行います。

一方、台湾鉄路管理局DR3100型の製作は、画像使用許可待ちで、タルゴ7世客車は画像の加工が急務という状況です。ということで、報告は以上となります。それでは。