「近鉄×京成」車両の第2段本格始動。ただ…。その17

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は、「近鉄×京成」車両の第2段の18600系の製作で、第2項目目は、ユーロスプリンターの製作を中心にお届けします。
2本目は、「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」から「仮設住宅のペースが遅い⁉」の前編をお届けします。

さて、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」は、第1項目目は、「近鉄×京成」車両の第2段の18600系について、
イメージ 1
「近鉄×京成」車両の第2段の18600系ですが、何とか形になってきました。これを、中間車両に活かす形としております。あとは、T,Tc車両に応用していく形を取ります。

続いては、ユーロスプリンターの製作ですが、何も進んでいません。
イメージ 2
どうするのか、考えているところです。ということで、台湾鉄路管理局DR3100型については、まだ許可は出ていないのですが、どうするか検討中です。近鉄2227系はまだ検討中です。

報告は以上となります。それでは。