近鉄旧型車両の製作状況(2227系製作は制作途中)

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、2項目お伝えします。1項目目は、近鉄2227系のお話を、2項目目は、ユーロスプリンターの製作を中心にお届けします。
2本目は、時間の都合上、どうなるのか検討しているところです。予定では、「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」の「復興ののろしは、生活からも!」です。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から始めます。
イメージ 1
昨日に、このような形で、製作しているとお伝えしたのですが、
イメージ 2
現在、この形に落ち着き、製作を続行しているところです。ただ、本日も面接のため、作業自体ができないことになりました。これも運命というのやら…と感じます。
イメージ 3
続いては、ユーロスプリンターの製作ですが、こちらは、手違いがあったことが判明し、修正をかけていました。
イメージ 4
現在、内装の製作に着手しているため、このようになっております。そのあとは、
イメージ 5
内装設定の工事が待っております。

さて、社員のほとんどが気になっている点として、台湾鉄路管理局DR3100型についての話ですが、こちらは現時点での製作は難しいとの見方が強くなってきております。
ということで、現時点での報告は以上となります。それでは。