近鉄旧型車両の製作状況(2227系製作は制作途中:2)

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、2項目お伝えします。1項目目は、近鉄2227系について、2項目目は、ユーロスプリンターの製作を中心にお伝えします。
続いて2本目の「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」では、「復興ののろしは、生活の中からも!」の「下編」をお届けします。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からです。近鉄2227系は、窓ガラスを空ける作業が始まりました。
イメージ 1
この状態から、
イメージ 2
このように変えているところです。現在、
イメージ 3
こんな感じで推移しております。あとは、ドアの位置のオブジェクトの位置だけ修正するのみです。

続いては、ユーロスプリンターの製作ですが、運転台がどのようになっているのか不明な部分があり、資料を集めている途中です。
イメージ 4
一方で、進行具合は、
イメージ 5
このようになっております…といってもわかりませんね。
イメージ 6
こんな感じです。あとは機械類を中に押し込んで、ドア部分を改良。さらに、運転台設置と工事を続けます。

ということで、報告は以上となります。それでは。