近鉄旧型車両の製作状況(2227系製作は制作途中:5)

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、2項目お伝えします。1項目目は、近鉄2227系の製作と、お知らせを、2項目目は、ユーロスプリンターの製作を中心にお届けします。
2本目は、「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」の「<ドームハウス>地震に強い…、その実力とは!」の後編をお届けします。

イメージ 1
さて、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、1項目目と参りましょう。近鉄2227系のお話です。ク3110型ですが、意外と簡単にできました。3扉化した時が一番厄介な車両となるのですが、そのことは置いといて、問題はまだあります。
イメージ 2
サ2600形です。
こちらは、窓の寸法が、異なることがわかってまいりました。今後どうするのか注目しているところです。内部を撮影した画像が残されており、それを基に製作する予定です。
実は、お知らせがあるのですが、
イメージ 3
以前撮影したACE22000系22110編成の画像を検討し、RailsimPI化することを考えているところです。
それに合わせて、更新型となったACE以外のサニーカー、ビスタEXについても、同じ塗装を行うことを検討しているところです。

続いては、2項目目は、ユーロスプリンターの製作ですが、こちらは停滞中です。申し訳ございません。

ちなみに、台湾鉄路管理局DR3100型についても同様で、なかなか製造許可は下りないところです。ということで、報告は以上となります。それでは。