近鉄旧型車両の製作状況(2227系製作…今度は、特急車を!:3)

皆様こんにちわ。本日は、この時間帯からの開始となりまして、申し訳ございませんm(_ _)m。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、2項目お伝えします。1項目目は、近鉄2227系特急色について、2項目目は、ユーロスプリンターの製作ではなく、MMDからRailsimPI化した車両のお話をしていきます。
2本目は、「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」から「帰還したい人たちは、たくさんいるそうここにも」の前編をお届けします。

まず、近鉄2227系ですが、本日現実的な作業の関係で、工場の操業ができないということになってしまいました。この場をお借りしましてお詫び申し上げます申し訳ございませんm(_ _)m。

で、どうなっているのかといいますと、
イメージ 1
「あれ?」
まさに、シート関連については、何も手を付けていない状況です。
現在、こうなっております。
イメージ 2
あとは、シートの色ですね。これが、現在の作業の様子ですが、まったくわかっていない状況です。Wikipediaの「近鉄2250系」について、色がわからないという状態です。

では、2項目目は、ユーロスプリンターの製作ではなく、MMDからRailsimPIにした車両を製作してみたのですが、
イメージ 3
元ネタが、MMDということで、実験という形で、製作してみたのですが、この後調整が必要になってきますが、どうなるのかは、わかりません。あとは、権利関係が関連してきます。台車と、車輪が自作であること以外は、すべて借りものですので、ここの権利関連をどうする野かという問題があります。
では、
イメージ 4
こちらのほうが、どうなっていくのでしょうかという問題もはらんでおります。

まあ、公開はしないので、その点は許されるということになります。

ということで報告は以上となります。それでは。