近鉄旧型車両の製作状況(2227系製作…今度は、特急車を!:4)

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、2項目お伝えします。1項目目は、近鉄2227系の製作最新情報を、2項目目は、MMDからのRailsimPI化による赤電車両の製作と、それと、ユーロスプリンターの製作の最新情報をお伝えします。
2本目は、「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」から「帰還したい人たちは、たくさんいる。そう、ここにも」の後編をおお届けします。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、
イメージ 1
現在、こんな感じです。
あとは、調整、さらには、特急車両専用のヘッドマークの作成が急務で、サ3000型と2600型の色更新等が待っており、現在サ3000型の製作しております。

イメージ 2
続いては、前回お話した名鉄3Rシリーズですが、本格的なテスト運用を行って、行くことになりました。尚、ライト部分は、前進と後進で変更することを考えているところです。そこで、その素材を変更させて、その形を再現していくところです。
イメージ 3
分かりやすくするとこんな感じでしょうか。あとは、室内灯の設置工事を急ぎ、夜間でも点灯させることができるように、対応していく事が必要となります。
これからの対策次第となります。

さて、こちらはどうなっているのかといいますと、というより、「何の話だ?」と思う方も多いので、画像を上げておきます。
イメージ 4
ユーロスプリンターの製作です。こちらは、先ほどのMMDの車両の改良工事などで、今のところ、作業ははかどっておりません。申し訳ございませんm(_ _)m。
ということで、報告は以上となります。それでは。