近鉄旧型車両の製作状況(2200系製作、続いては、戦後の大物に挑戦:5)

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、2項目お伝えします。1項目目は、近鉄2200系についてお話します。続いて、2項目目は、そのほかの状について、お話します。
2本目は、「今の社会はどこへ向かう?」の第3回、「中華帝国の夢は、世界の迷惑」についてお話します。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、第1項目からです。
イメージ 1
2200系系列で、戦後登場の2250系ですが、すごいことになっている状態です。
実は、エアコンがついている車両及び、通勤車両時代も製作することになります。
実は、もう一つ、製作予定の車両を検討しているところです。
それが、6421系です。
イメージ 2
こちらだっけと思われた方、確かにその指摘は、正解です。しかし、6421は6400系に編入されております。今回製作するのは、初代のほうに当たります。こちらを製作することになります。

2項目目は、それ以外ですが、台湾鉄路管理局DR3100系は、まだ検討しているところです。ユーロスプリンターの製作も停滞中です。

ということで、報告は以上となります。それでは。