近鉄南大阪線臨時快速急行「さくら」号撮影レポ 11

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」シリーズの「近鉄南大阪線臨時鉄タビ」シリーズの「近鉄南大阪線臨時快速急行『さくら』号撮影レポ」の第11回です。

さて、
イメージ 1
私は、大和八木駅で撮影を続行しておりました。リニューアル編成を撮影したかったのですが、
イメージ 2
イメージ 3
待っても来ないことが判明し、もうそろそろ、時間が無駄となるかもしれないと考えて、
イメージ 4
早くも、撮影を切り上げるべきではないかと考え、すぐに情勢を検討して、鶴橋駅に急ぐことにした方がよいと考えに至ったのです。
イメージ 5
この後には、大阪方面に向かう列車は、1時間に3本、そのうち、
イメージ 6
午後2時半頃に通過する名阪甲特急を時間として、撮影を続行することになります。実は、上の画像は、12410系ですが、このうち12413編成が最新の塗装となっております。
イメージ 7
さて、12410系と22000系の鳥羽駅行き特急(乙特急)と、同じく22000系が連結されている大阪難波駅行き特急(乙特急)が、到着。尚、大阪難波駅行きは名阪乙特急の運用となっているようです。
イメージ 8
イメージ 9
実は、30分後に出発した大阪難波駅行き特急(甲特急)が20分近くに縮めて来ているのです。
イメージ 10
イメージ 11
そこで、鶴橋駅に向かっていく事を考えて、私は、大阪上本町駅行き急行を待つことにしたのです。
ただ、この後は、鶴橋駅に向かうことにしました。ということで、次回第12回に回ります。それでは、次回をお楽しみに。