近鉄南大阪線臨時快速急行「さくら」号撮影レポ 13

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」シリーズの「近鉄南大阪線臨時快速急行『さくら』号撮影レポ」の第13回です。

イメージ 1
私は、鶴橋駅で撮影を継続している中で、8400系8353編成を後ろにした難波駅行き急行が到着。
イメージ 2
続いては、3200系の3705編成の難波駅行き普通が到着。
イメージ 3
しかし、リニューアル塗装車両は、まだわからない状態で、撮影中でした。
イメージ 4
そんな中で、次々と画像を撮影していくのですが、特急車両がいつ来るのか、時間をにらみ、さらにリニューアル車両なのか否かも見極めている状況でした。
イメージ 5
まあ、阪神車両にも気になる車両がいますが…。それはまた今度ということになりそうです。
イメージ 6
奈良駅先発の大阪難波駅行き特急も、30000系ビスタEXが使用されているのですが、実は30209編成がリニューアルカラーをまとっていて、昨月24日に撮影に成功しています。
イメージ 7
それ以外は、何ともなく撮影しているところで、唯の目的もない状態となっておりました。
イメージ 8
実際にネタといえば、逆つなぎ編成しかないのですが、これを撮影していこうということで、方針が固まり、撮影を継続している状況でした。
イメージ 9
なんだか、反省の弁を言わされているような感覚にありますが、本当に反省の弁そのものとでもいえるところで、急行列車も、旅でお世話になっている車両たちが多く、
イメージ 10
イメージ 11
特急車両についても、つなぎ方関係なしで撮影していると、珍しく12600系が名古屋駅行き特急(乙特急)で名古屋駅に向かっていくところを撮影できました。

ということで、画像の容量が切れてしまいましたが、次回は最終回を迎えます。最終回も鶴橋駅での撮影です。ということで、次回をお楽しみに。