本当に寛容な社会はどこへ? 上

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」です。

今回取り上げるのは、日本の問題なのですが、世界的な共通する問題でもあるので、今回は非難を受ける覚悟で、お話いたします。

本日の午前11時にBuzzFeed Japan社が配信した記事からです。実は、今回はNHK報道のお話となりますが、だいぶ前の話で、ニュース番組で紹介した女子高校生に、現在批判が集まっているというそうです。

話の内容では、「貧困女子高生」に疑問があると、政界などから批判が相次いでいるとのことだそうです。しかし、問題の本質がどこにあるのか、それを見ていくと、寛容だった社会がどうして硬直するのかという点をあぶりだしているのかもしれません。

8月18日放送で取り上げたのは、パソコンを購入する金額が無くて、キーボードを基にタイピングの練習を行う女子高生ことで、神奈川県内に母子家庭で育ったという内容のものでした。

しかし、実は写り込んでいた映像に、違和感を覚えた方も多かったというのです。内容は次のようなものでした。

「経済的な壁に直面」しているとして紹介されていた彼女。しかし、その部屋のなかに、アニメグッズやイラスト用のペン、エアコンのようなものが映り込んでいたことから、ネット上で「貧しくない」という批判が渦巻いた。

と。しかし、一方的な見方をすると危険を伴うのですが、私が、記事を見て考えた疑問は「もし、特集報道が事実なら、別の場所で取られた可能性があるのではないか?」という点です。

実際に、女子高生の女性が暮らしている場所が、そこなら大きな問題となりますが、彼女が報道通り、貧しかったのなら、別の場所で撮影した(例えば、友達の家を借りた)ということも考えられますし、なにせエアコンがついているけど、壊れていると言ったものとか、「簡易宿泊施設」みたいなところに止まっているということも考えられます。

その後、生徒のツイッターアカウントが「発見」されると、炎上は拡大。「アーティストのライブに行っている」「1千円以上のランチを食べている」などと、生活のあらゆる側面がバッシングの対象となった。

という点も、少し見方を変えると、友達から誘われたとも考えられますし、親戚の方からの同情心のために、数回ほど行ったのか、その内容は見てみない限りわかりません。

しかし、今回の報道にさらに火をつけたのが、片山さつき議員のTwitterでの発言です。

”拝見した限り自宅の暮らし向きはつましい御様子ではありましたが、チケットやグッズ、ランチ節約すれば中古のパソコンは十分買えるでしょうからあれっと思い方も当然いらっしゃるでしょう。経済的理由で進学できないなら奨学金等各種政策で支援可能!”

というのです。しかし、本質はどこにあったのかを考えない限り、今回の話のすべては見えてこないといえます。では、どういうことになったのかですが…。

それについては、次週お届けします。それでは、次回をお楽しみに。