近鉄ビスタカーV9進撃の巨人編成(w)を撮影 03

さて、本日の話題の2本目は、「鉄タビ」シリーズから「近鉄ビスタカーV9進撃の巨人編成(w)を撮影」の第3回となります。

イメージ 1
で、どうしてこの画像って、言うわけではないのですが、この画像がどう化けているのか、気になっているのも気になっていて…。
イメージ 2
すみません。というのは、あくまでイメージです。しかし、現実どういう画像が取れるのかわからない状態で、撮影のために東に向かっていました。おそらく特急で、運用されていることを考えると、どこかでとらえられると考えておりました。
名古屋駅での運用なら、可能性は零に近くなってしまいます。
イメージ 3
そのために、東に向かう上で、撮影できる場所だとしたら…、
イメージ 4
この駅しかないと考えるようになっていきました。そうです、奈良県と三重県の県境となる三本松駅が、候補に挙がってきました。
イメージ 5
そんな中で、大阪線に入った後、長瀬駅の近くを通過。実際に英語名称を変更した「近畿大学」のそばを通ります。私の目の手術を受けた大学病院が近畿大学の付属病院でした。そんな思い出を思い出しつつ。列車は東南東に進路を取って、
イメージ 6
久宝寺口駅で再び進路を東にとります。
その前に、ここまで通過した列車編成を見てみると、まず今里駅でとらえたのが、大阪難波駅止まりとなる奈良線急行5800系5804編成と1252系編成がくっついていたと想定されます。その直後に、布施駅に到着し、そのあとの撮影を続けていきます。俊徳道駅でとらえたのは、2610系2620編成の大阪上本町駅行き普通、長瀬駅で後追いをしてきたのが、1420系1442編成と2610系または2800系の大阪上本町駅行き区間準急、弥刀から久宝寺口駅でとらえたのが、1400系1506編成の大阪上本町駅行き普通という順番になっております。
イメージ 13続いて、八尾駅でとらえたのは、2410系2422編成先頭の大阪上本町駅行き急行です。後ろが、2610系か2800系のどちらかですね。
イメージ 7
続いては、22000系の大阪上本町駅行き特急です。実は、後ろが22600系で運転していた列車であることが、あとからわかりました。ま、編成を見れば、そうだと思えますよね。
イメージ 8
続いては、恩智駅を越えて、のどかな田園地帯を走る2610系2611編成の大阪上本町駅行き区間準急をとらえます。そのあと、河内国分駅に到着。そのあとで、大阪府を越えます。
イメージ 9
続いては、2410系2415編成と2800系を連結した大阪上本町駅行き区間準急が、通過していくのをとらえ、
そのあとで、新玉手山トンネルを越えて行くと、
イメージ 10
22000系のリニューアル車両を先頭とした大阪難波駅行き特急(乙特急)が、通過。後ろに…30000系が連結されているようですね。
イメージ 11
後、1枚で容量過多になりそうですが、このまま続けます。次に、2430系2439編成を先頭とした回送列車をとらえました。五位堂駅行き普通が、運用の関連上河内国分駅まで回送して、営業運転するようになっていると考えられます。
イメージ 12
続いては、1220系1221編成と2430系の、大阪上本町駅行き急行が通過。ということは、これは名張駅先発か、青山町駅先発の可能性があります。それでは、八尾駅でとらえたものが、宇治山田駅か、五十鈴川駅先発の急行となる可能性がありますね。

ということで、次回は、奈良県西部香芝市五位堂駅から、中央部の橿原市大和八木駅までと、大和八木駅での撮影について、ご紹介しましょう。次回をお楽しみに。それでは。