近鉄旧型車両の製作状況

皆様おはようございます。その前に、台風ですが、温帯低気圧となったようですが、まだ油断してはなりませんので、最新の気象情報をご確認ください。
実は、高気圧の淵に沿って、回ってくるため、太平洋岸地域を含め各地で雨が降るとの予想が出ているようですので、最新の気象情報を確認してから、お出かけなされますようお願いします。

さて、本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、2項目お伝えします。1項目は、近鉄旧型車両第2弾の製作状況を、2項目目は、近鉄特急リニューアル塗装車両の製作状況を、2本目は、「鉄タビ」から「近鉄ビスタカーV9進撃の巨人編成(w)を撮影」の第6回をお送りします。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、1項目は、近鉄旧型車両第2弾の製作状況についてです。ついにですが、3両固定化時代の車両も再現しました。
イメージ 1イメージ 2イメージ 3
さらにですが、
イメージ 4
初代600型50番台からの編成も追加しております。あとは連結関連でのテストを行って調整しますが、ほかにも、初代600系には、3扉対応車両も含まれているため、少し時間がかかりそうです。

2項目は近鉄特急リニューアル塗装車両についてですが、側面に関する情報を収集中ですが、以外にもデーターが少ないことが明らかになってきました。ほとんどが、光陰の影響を受ける写真画像のため、純粋なカラーリングがわからないということなのです。

ということで、報告は以上となります。それでは。