近鉄旧型車両の製作状況

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、2項目お伝えします。1項目は近鉄旧型車両第2弾の製作状況、2項目は近鉄特急リニューアル塗装車両について、2本目は、「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」からの連続の話です。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、1項目は、近鉄旧型車両第2弾の製作状況です。
イメージ 1
実は、初代400型の車両製作ですが、これは遠すぎますね。
イメージ 2
現在3扉で運用されていたころを再現しようとしているところです。実は、このタイプの他に、貫通扉が使用されていたころも再現するため、貫通扉がないタイプがシンプルなので、別のオブジェクトとして製作しているところです。いつ完成になるのか楽しみですが、実は、もう一つ動き出したものがあります。

2項目は近鉄特急リニューアル塗装がそれですが、こちらも、塗装の問題について解決策が出てきました。
イメージ 5イメージ 4イメージ 3イメージ 6イメージ 7
イメージ 8
一体、何だこれは、と思われた方もいると思いますが、実は近鉄特急リニューアル塗装のうち、ビスタカーV9進撃の巨人編成(w)に使用するカラーリングです。
なんでやねんと思われるかもしれませんが、このカラーリングのうち、ビスタカーV9進撃の巨人編成(w)以外のタイプは初めの3枚のみしか使用しませんが、ビスタカーV9進撃の巨人編成(w)はいろいろと使用していくので大変です。

微妙な調整をして本番に備える予定です。あとは、マッピングなどの問題を解決するのみですが、これなら大丈夫かもしれません。

ということで、報告は以上となります。それでは。