近鉄旧型車両の製作状況

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。その前に、昨夜、歓喜されたお方はたくさんおられたのではないでしょうか、特に広島のお方は…、25年ぶりに広島東洋カープが優勝を果たしましたが、実際に25年ぶりに優勝したという例を出すとすると、昭和60年の阪神タイガースもその例にもれません。しかし、今シーズンは、監督の交代によるチーム改造の時期といえる状態で、おそらく優勝を目指すのは来シーズン以降となります。

前置きが長すぎましたが、本日の記事紹介へと参りましょう。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からです。2項目紹介しますが、1項目は、近鉄旧型車両第2弾の製作状況で、2項目は近鉄特急リニューアル塗装についてです。
2本目は、「今の社会はどこへ向かう」より、NHKが取り上げた「貧困問題」になぜバッシングが起きたのかの、下編をお届けします。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、
イメージ 1
ついに、この車両に手を付けます。以前より大改良して、ロールアウトする予定です。
イメージ 2
モデルクラスとしては、初代モ400型が軸となります。モ200型としては、1年ぶりとなりますが、リニューアルというよりは、新規に近い形を取ります。ということで、どうなるのかは、予想ができません。
そして、現在その作業工程が進んでおりますが、
イメージ 3
こんな感じです。あとで修正を加えていくところです。ということで、続いては、近鉄特急リニューアル塗装についてですが、こちらは、こちらで現在どの車両から開始するのかのスケジュール調整を行っております。

ということで、報告は以上となります。それでは。