近鉄特急車両の更新(新規作成、順調に推移? それは?)

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から近鉄特急リニューアル塗装についてのお話、2本目は、「鉄タビ」から「近鉄ビスタカーV9進撃の巨人編成(w)を撮影」の第11回をお届けします。

さて、前置きですが、横浜市で起きた。点滴殺人事件という状態の医療事故ですが、実際に、どうも不可解な事態が立て続けに起きていることがわかってきました。
報道によると、18日に同時に2人の高齢男性が、亡くなっており、88歳の男性がなくなった日には、数時間前に高齢の女性が亡くなるということもあって、今回の事件がいったい何を目的とした事件なのかがわからない状態です。

これは、捜査の状況を見守るしかなさそうです。ということで、本題に入りましょう。
最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、近鉄特急リニューアル塗装についてのお話ですが、今まで2種類の車両の塗装変更をしていたのですが、今度は…。
イメージ 5
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
なんと、22600系から架空設定でできた30020系の4連を、製作してみました。22600系との違いを見てみると、
イメージ 4
実は、一番端の部分を、
イメージ 6
このように、塗装配置を変えたものです。この後は、
イメージ 7
イメージ 8
この2系列に切り込みます。どうなるのかは、お楽しみとなります。まあ、前面については、斜めの黒色塗装部分をどのように変えるかの工事があって難航しそうです。

また、南海電鉄の旧型車両の製作については、「Railsimの日」に間に合わせることは不可能という見方が大勢を占めておりますが、近鉄6431系などの旧型車両の作成で生かした技術を応用するといいのではといった意見が出てきたこともあり、製作にかじを切る可能性が出てきております。
どうなるのかは、今後のお楽しみです。

ということで、報告は以上となります。