名列車列伝特集 06-15「日本版『フリーゲンダー・ハンブルガー』を飛躍させた名列車!15」

(N)昨日は、申し訳ありませんでした。
イメージ 1
(Kt1641F)ハーフタイムといっても、短いハーフタイムだったような気がしますね。さて、早速行きましょ。
イメージ 2
(Hs1208F)さて、前回の記事では、「はつかり」本体と、東北本線を直通する青森駅行き特急及び、都市間特急としての「ひばり」、「ひたち」のお話でしたが、もう一つ忘れている列車がいます。「つばさ」と「やまばと」のお話です。
イメージ 3
(クハ481型200番)ということで、本日の話題の2本目は、「日本版『フリーゲンダー・ハンブルガー』を飛躍させた名列車!」の第15回をお送りしますということで、ここはわたくしのお話がメインになります。
イメージ 4
(クハE657型)そうか、先輩たちが率いている列車たちがめいんになりますね。
イメージ 1
(Kt1641F)タイトルコールありがとうございます。そういえば、485系のタイプは合計8種類に増えたと聞いておりますが、「つばさ」が東京からの直通列車が、新幹線が開通した後でも、上野駅を発着する東北本線経由の特急で有名だったみたいですね。
イメージ 3
(クハ481型200番)よくご存じで、そうですね。わたくしが「やまばと」とともに6往復化されていたため、エル特急の称号を頂いた後、実は55年10月減量ダイヤの影響は全く受けなかったのです。
イメージ 5
(クハネ583型)確かに、「つばさ」と「やまばと」は影響を受けるのは、東北本線新幹線への移行が実施される昭和57年11月ダイヤ改正に至るまでの7年の間は、往復数も車両編成数も変化はなかったのですよ。
イメージ 2
(Hs1208F)それだと、うらやましいですね。
イメージ 3
(クハ481型200番)なぜなのかと申しますと、東北本線は対北海道輸送という重要な役割を果たすために、ダイヤ改正ごとに、最速及び、最短距離で走る列車が重宝されておりました。ところが、これは、寝台列車でも触れることになりますが、東北本線と直結する北海道地方への輸送は、昭和50年代以降は、航空輸送とのガチンコ勝負となってしまい、実際に所要到達時間の速い、航空機が需要を伸ばしていくという流れが、対北海道の輸送の主役を譲ることになります。
イメージ 5
(クハネ583型)しかし、奥羽方面も実際には、その観点からしたら、減便が出る可能性があるともいわれていましたが、奥羽本線系統は、他の路線とは異なる事情も抱えておりました。
イメージ 1
(Kt1641F)どういう事ですか?
イメージ 3
(クハ481型200番)実は、奥羽本線の途中に経由する都市は、山形県の県庁所在地山形市を含め、奥羽山脈で隔てているため、鉄道の需要がまだある状態でした。実は、在来線で奥羽本線をほぼ制覇する急行があり、のちの特急列車として名をはせた「こまくさ」がいます。
イメージ 2
(Hs1208F)ということは、福島駅から青森駅までですか?
イメージ 3
(クハ481型200番)残念。山形駅始発の青森駅行きです。少し寄り道したのですが、私が運転を開始していたころは、特急列車の需要がそれほど高くなく、「東京直通=特急列車」というイメージが定着していたころです。それが、昭和57年直後の昭和60年のダイヤ改正で、私が東京から、青森まで、かつて東北本線を走っていた列車が駆け抜けた場所のほか、「いなほ」が駆け抜けていた場所にも乗り入れることになってしまいますが、それはまだ先の話です。多分この後の第16回でお話すると思います。
イメージ 1
(Kt1641)す、すごい!
(N)しかし、東北本線の末端区間である東京上野と、埼玉県の大宮駅までの間では、ひっきりなしに特急がやってくるということになっていました。実は、東北本線のこの区間は、上野駅始発終着とした列車が多く、今回ご紹介している「はつかり」以外にも、上越線特急「とき」(第9弾で紹介予定)、「あさま」(第13弾で紹介予定)が活躍していたため、やりくりが難しくなってきていたのです。
イメージ 3
(クハ481型200番)結果的に、「つばさ」などの奥羽本線系統と、磐越西線で活動してきた「あいづ」は生き残ったものの、東北本線の特急はこの3列車を残して、昭和57年6月の東北新幹線の暫定開業と、11月の本格的な開業で、大宮駅から盛岡駅までの区間を削られます。この改正の結果で、東北本線の特急「やまびこ」は新幹線への移行が決定的となり、「はつかり」は盛岡駅までの営業キロを大幅に削られ、「みちのく」は、「はつかり」に編入。短距離のエース「ひばり」は、「あおば」に改称して消滅、復活自体がないという状態となってしまいました。
イメージ 1
(Kt1641F)あっという間にですね。
イメージ 5
(クハネ583型)もちろん、こうなったのは初めてでした。しかし、ここからが「はつかり」の新たなスタートでもありました。ということで次回は、昭和57年以降の「はつかり」の活躍と、同僚となった「たざわ」の生い立ち、「いなほ」の活躍をお送りします。
(N)ということで次回をお楽しみに。クハネ583型さんありがとうございます。