近鉄特急専用車両の更新(車両更新作業継続中)

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、近鉄特急専用車両の更新のお話を、2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「どこに行ったの? 青の交響曲?」というタイトルでお話をしていきます。

さて、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からです。
近鉄特急専用車両の更新は、16000系と16010系の車両が、昨夜に完成し、ビスタカー系統とともに修正更新されております。ただ、「あおぞら2」と「かぎろひ」の製品に関しては、データー修正と、オブジェクト修正が残っております。そのため、その前に当たる18200系系列と10100系のドアシステムの改良工事にいち早く取り掛かり、そのあとで「かぎろひ」さんたちの方向にシフトする予定です。

後、喫煙ルーム改造車両については、
イメージ 1
イメージ 2
16000系が何とか完成し、これで、すべての車両が終了と相成りました。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
この3両だけでも、いいのですが、何とか形になっておりますね。ということで、これ以外にも修正を加えていく予定です。

それと、近鉄通期車両からの改造車両についての情報ですが、今回のシステム改変作業後に、取り掛かることが決まりました。
予定としては、いち早くとなれば、11月の「Railsimの日」に間に合わせる予定です。

ということは、「青い交響曲(シンフォニー)」デビューから2か月でのPI化ですので、史上最速となります。あまり雑にならない、内装工事を心がける予定です。

ということで、報告は以上となります。それでは。