名列車列伝特集 06-19「日本版『フリーゲンダー・ハンブルガー』を飛躍させた名列車!19」

(N)実は、明日に天王寺に行く予定です。
イメージ 1
(Kt1641F)それって、明日の鉄道イベントですか?
イメージ 2
(Hs1208F)それは、私たちもブースを出しておりますから、見に行ってみてくださいな。
(N)ありがとうございます。さて、昭和60年は鉄道の分岐点となる時代でもありました。それが、昭和から平成に至る時代となります。
イメージ 1
(Kt1641F)それは、JRの誕生と、国鉄の解体です。そして、その翌年には、一本列島ダイヤに向かい、「はつかり」たちにも変化が現れます。
イメージ 2
(Hs1208F)ということで、本日の話題の2本目は、「名列車列伝特集」の「日本版『フリーゲンダー・ハンブルガー』を飛躍させた名列車!」の第19回をお届けします。
イメージ 3
(クハネ583型)さて、東北本線特急と密接に関係していた「ひたち」も大きな変化が訪れておりました。それは、急行「ときわ」の吸収です。実は、名急行といわれた「ときわ」は昭和30年代に気動車準急として登場以来、実に30年間活躍してきた急行だったわけですが、それがこの年に「ひたち」に代わったのです。
イメージ 4
(クハE657型)それが、本年3月のダイヤ改正で31年ぶりに、特急名に帰ってきたときは、「はて?」と思ったくらいです。
イメージ 5
(クハ481型200番)実は、そういう事情があったというわけです。さらに言いますと、当時は、急行列車を特急に吸収するという動きは、全国各地で見られました。一番身近な例を言うと、「くろしお」号の話があげられます。どうしてかといいますと、増発列車のおかげで、私たちの同僚である485系が投入されたのです。これは、「くろしお」編(第10段以降で触れる予定)でお話します。
イメージ 2
(Hs1208F)しかし、往復数はどうだったのですか?
イメージ 5
(クハ481型200番)それが…、昭和53年のダイヤで11往復だったのが…、12.5往復を増加させています。それで23.5往復としております。これは、これまでの記録だった「雷鳥」の往復数を超える結果になりました。
イメージ 1
(Kt1641F)それは、すごい数となりましたね。ただ、今でいうと、30往復を誇る「はるか」さんがいるのですが…。
イメージ 4
(クハE657型)実は、「ときわ」分離前の「ひたち」も、かなり多くの30往復は軽く突破しておりました。
イメージ 2
(Hs1208F)う、上には上がいるのですね。
イメージ 3
(クハネ583型)その通りで、東京都、太平洋岸を結ぶ路線は現在でも重宝されているというところです。まあ、私も以前「ゆうづる」(第10段「はくつる・ゆうづる・北星・北斗星」編で触れる予定)で走っておりましたが、「ひたち」にとっては、ホームグラウンド的な存在でもあったわけです。
イメージ 1
(Kt1641F)そういうことだったのですね。
イメージ 5
(クハ481型200番)ええ、この当時は、ということになるのです。
イメージ 3
(クハネ583型)しかし、昭和61年に「ひたち」が3往復増の26.5往復、「はつかり」が2往復増の14往復、「たざわ」は3往復増の9往復、「つばさ」が上野駅先発を1往復、福島駅先発を10(1往復は不定期で、昭和63年ダイヤで定期化)往復にして11往復にする体制に持っていきました。その代わりに、山形駅先発の青森駅までの特急「つばさ1・18号」を秋田駅発着に変更していたのです。結果的には、青森駅までを「たざわ」さんに託することになります。
イメージ 2
(Hs1208F)ということは、列車別で整理したというわけですね。
イメージ 3
(クハネ583型)そういうことで、実は、この改正の翌年には、国鉄民営化とJR7会社が発足したということになります。ところで、その2年後のダイヤ改正で大きく変わったのが「はつかり」です。
イメージ 6
(E2)さて、新幹線「やまびこ」の場合は、変化なしだったわけで、不思議なものでした。
イメージ 7
(E5)実は、「はつかり」は2往復が、函館駅に延伸することになりました。それがかつて、東京駅から名古屋駅まで在来線走行距離の「こだま」より20分余計にかかっておりました。理由は、「こだま」が全線複線で運転されていたのに対して、「はつかり」の走行区間の一部は、単線だということも影響しています。
イメージ 1
(Kt1641F)そうだったのですね。「はつかり」以外に影響を受けたのは、以内のですか?
イメージ 7
(E5)あの時は、昼行特急では、「はつかり」以外には、「つばさ」もこの改正で変わったのですが、その次の平成元年に大きく変わったのが、「ひたち」でした。この話は、次回に回しますので、お楽しみにしていてください。それでは。
イメージ 1
(Kt1641F)エンドコールありがとうございました。