青の交響曲(シンフォニー)はどこに? 大阪・橿原線編01

本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「青の交響曲(シンフォニー)はどこに?」の大阪・橿原線編その1をお届けします。

イメージ 1
さて、私は南大阪線と、橿原線の合流点となる橿原神宮前駅をうろついていた私は、大和八木駅に向かおうと考えておりました。なぜなら、近鉄特急新塗装の車両の比率が高いのは、標準軌使用路線を使用している車両が多くいますが、それに照準を合わせているのです。
イメージ 2
そして、この日は、「はかる」君が出場している状態です。相方は、どこに行ったのかと、言われておりますが、実は吉野線で、出張検査を行っているところでした。
イメージ 3
さて、30000系の橿原神宮前駅止まりの特急が到着、それを撮影して、
イメージ 4
早速、大和八木駅に向かいました。今回、通勤車両は時間の関係上省略します。
イメージ 5
早速、大和八木駅に到着。8600系8613編成の大和西大寺駅行き普通に揺られていたのですが、あっという間に、大和八木駅に到着しました。
イメージ 6
さて、撮影を開始したのですが、
イメージ 7
さて、ただ、一般車両もたくさん撮っているのに、紹介しないのも、なんなんで、珍しい編成のみ紹介していきます。
イメージ 9
12410系の名古屋駅行き特急(乙特急)が到着。11時30分に大阪難波駅先発の4両編成運用です。実は、その前の編成に、珍しい車両がいました。
イメージ 10
この人です。1251編成から始まったGTO-VVVF車両、1421編成が、これです。
イメージ 8
そこに、12200系の8連大阪難波駅行き特急(乙特急)が到着。そこから、特急を撮影していきます。しかし…、大阪上本町駅側に向かったのですが、
イメージ 11
イメージ 12
思わぬミスが、近鉄21020系を撮影したのですが…、スピードでまさかの顔を取り逃し、あらら…。何やってんだ…(^^;。

ということで、次回は、その続きとなります。時間がないのでできるだけ短くします。