次回作とその後のスケジュール調整。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。と、その前に、前置きですが、ついに、日ハムが日本シリーズを取りましたね。それもあって、札幌は大騒ぎの状態だったとか、まず、広島カープの誤算は、ジャクソン投手が二死を取った後の乱調という事態に、緒方監督がどうするのか迷った部分が、試合を決めてしまったといってもいいかもしれません。

ということで、記事紹介に移ります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、今後の車両開発のスケジュールについて、2本目は、「今の社会はどこへ向かう」からホーム柵設置に関しての問題について、お話します。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、昨日はいろいろとありまして、工場自体がお休みとなっておりました。そして、これからの計画を発表していきますが、「Railsimの日」限定セットとして、16200系「青の交響曲(シンフォニー)」のシリーズに好評を得まして、お座敷列車を2種類製作することを検討しています。
イメージ 1
南大阪線で使用する車両は、16200系ではなく、6020系の3両固定編成となるタイプで、団体列車16220系という形式番号に変更する予定です。大阪線で使用するのは、
これが検討している段階ですが、候補としては、2430系か、2610系が候補に挙がっております。有力なのは、
イメージ 2
2611編成を検討しております。早速、編成の選定を行い製作に移る予定です。

ということで、報告は以上となります。それでは。