近鉄2809系は完成に至りました。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、近鉄2809系について、2本目は、「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」からの記事ですが、予定していた記事が、期限切れで消失したため、日本農業新聞電子版の記事に変更する予定です。

ということで、前置きですが、鉄道関連の記事が多いですね。まあ、今回の記事は、そういうものではなく、アメリカ合衆国大統領(次期)のトランプ氏のおはなしです。人柄としては、意外と紳士的だったようだと、日本テレビでは伝えられているそうです。
では、「あのビッグマウスはいったい?」と思われた方はいるかもしれません。しかし、トランプ氏の本来の姿があれだ、と述べている方もいるそうなので、本当はどうなっているのかわかっていません。
ただ、防衛戦略を担当するブレーンの一人は、不公平な要求を突き付けてくる可能性は高いといえます。ただ、思いやり予算で負担を続けている日本に対しての増額は現実的ではない上、それを実行してしまえば、日本国内からの反発は想像を絶することも考えられます。
アメリカ合衆国の次期大統領トランプ氏の政策に注目するべきところがあるのは、まず間違いないとみるべきでしょう。

前置きは、ここまでとし、本題に入りましょう。
最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からです。近鉄2809系のモ2859型が完成に至りました。
イメージ 1
それが、こちらです。尚、パンタグラフが、1か所表示されていないというトラブルが起こっていたこともあって、修正を試みましたところ表示できました。ということで、
イメージ 2
室内は、このような形になっております。あとは、一部の塗装の変更を行って、何とかするというところです。
ということで、報告は以上となります。それでは。