南海電鉄1251系は、高野線特急指定車両へシフト

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、南海電鉄1251系について、2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り’16『君の名は?』」の第8回をお届けします。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、本日の前置きは、この一言を口にした人が多いでしょう。

「寒い!」

実は、昨夜から日本列島は冬型の気圧配置になっているのですが、本日の明け方から寒さが増してきており、東京都内では降雪を観測、実は54年ぶりの降雪といわれております。

寒さが増す日本列島は、本格的な冬に少しずつ近づいているとのことだそうです。さらに言いますと、インフルエンザの流行も、本年は早くなっているような状態です。
皆様、体調の変化に気を付けてください。

さて、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からです。
イメージ 1
さて、こうなりました。続いては、
この画像ではわかりにくいのですが、1251系の特急「こうや号」用の車両ですが、
クリックすると新しいウィンドウで開きます
ペアとなるクハ1901号の計画は、先ということもあって、
ファイル:南海1201形.JPG
晩年、貴志線で使用されていた1201系電車と、同じカラーリングを先行製作してから、特急「こうや号」用の車両を製作していきます。
ということで、報告は以上となります。それでは。